ベイプって何? | 電子タバコといえばベイプの人気がすごい!

電子タバコといえばベイプの人気がすごい!

「電子タバコといえばベイプの人気がすごい!」のフォトグラフです。

ベイプって何?

「ベイプって何?」のフォトグラフです。

さてここでベイプがどういう電子タバコなのかを、詳しく紹介していきたいと思います。
ベイプという電子タバコをそもそもアイコスと同じものだと思っている人がよくいますが、残念ながらまったく違うものです。
もちろん電子タバコという系統は同じですが、ベイプとアイコスでは根本的に仕組みが異なるのです。

まずアイコスというのは加熱式の電子タバコになります。
つまりタバコ自体を電気で燃やしているだけです。
一方でベイプの場合は、リキッドという液体を電気で燃やしているのが特徴です。

リキッドというのはベイプを起動させる上で重要なフレーバーにあたります。
現在売られているリキッドにはかなりいろんな種類があるので、初めて買う人はかなり迷ってしまうでしょう。
たとえばメンソール味やマスカット味など、たくさんフレーバーが楽しめるのがベイプの大きな特徴です。
なおリキッドの値段は物によって違い、安い場合は500円程度で買えるようになっています。
逆に高かったとしても3000円前後になるでしょう。

ちなみにそんなリキッドがどのようにして作られているのかというと、主に「香料」と「PG」と「VG」と呼ばれる3つの要素で作られています。
香料はよくジュースに使われているようなもので、PGというのは主にシャンプーなどの商品に使われている殺菌効果のあるものになります。
そしてVGは保存料によく使われている成分です。
いずれも有害物質は存在しませんので、ニコチンを気にすることなく気軽に手にしてもらえます。
タバコの依存性というのは主にニコチンが呼び起こしているものなので、安心して購入することができます。